フェラの練習台

2020.10.11 Sunday

0
    おすすめサイトBEST5
     利用者も、とても多いため、思わぬ書き込みが出会い系アプリにはあったりします。
    釣りかな?
    そう思うような投稿に、メールを送ってみました。
    「フェラの練習台が欲しいんです」
    女の子って、基本はダイレクトな書き込みはしないため、業者か何かか?
    ネカマか?
    誘導タイプのサクラか?
    なんて思ってしまったのです。
    しかし、やりとりをしていくと本物の女の子だと判明しました。

     フェラの練習台が欲しかったのは、28歳の人妻。
    カリンは「生活が大変だからファッションヘルスとかで仕事しようかって思ってるんだけど、フェラに自信がなくて」と、話し出したのです。
    「それで、フェラの練習台が欲しかったの?」
    「うん、テクニックを磨いて、大きな収入を得ないと生活が大変だから」
    あっけらかんとしたカリンの発言には、ちょっと拍子抜けしました。
    フェラだけの関係も、もちろん悪くはない。
    サックリしたフェラ抜きだけの関係を求める男もいるんです。
    僕だって、そういう関係は嫌いじゃない。
    「なら、フェラの練習台になれるよ」
    「本当に?私の車の中でやってくれます?」
    待ち合わせ決定の瞬間にもなりました。

     カリンの車に乗り、大型パチンコ店の立体駐車場でフェラをやってもらうことになりました。
    ちょっとギャルっぽいと言うか、ケバいけど、可愛らしさのある人妻でした。
    カリンは、躊躇することなく後部座席に移動して、フェラを始めてくれました。
    「凄い、夫のより全然大きい」と、フェラを始めてくれるのです。
    テクニックといえば、標準以上でした。
    「めっちゃ上手じゃないか。練習必要ないんじゃない?」
    「自分じゃ納得出来なくて」
    そう言いながら、夢中になって肉棒にかぶり付いてくれていました。

     人妻のフェラの練習台になり、たっぷり射精出来ました。
    口の中に出したスペルマは、ちゃんと飲み込んでくれました。
    「しばらく付き合ってくれます?」
    「いいよ」
    練習台として、関係継続も決定してしまいました。
    童貞狩り
    童貞好き
    関連する記事
    コメント
    コメントする