乳首責め

2019.05.05 Sunday

0
    おすすめサイトBEST5
     19歳、専門学生の僕が、出会い系のアプリで知り合ったのが、38歳の熟女ナースでした。
    残念なことに、肉体関係はNGとのこと。
    それでも、女友達がいない僕にとって、メールのやりとりは、とても楽しいものでした。
    メールがはずめば、通話にも応じてくれるようになります。
    ひよりさんは、大人の女といった雰囲気で、とても魅力的でした。

     セックスは、NGと言っていたけど、エロい会話は付き合ってくれました。
    「興味あるのが、乳首責めなんですよね」
    「オッパイが好きなの?」
    「うん、女の子のチャームポイントじゃないですか。凄く魅力的に感じちゃって」
    「私のオッパイもしてみたいの?」
    「そりゃ、ひよりさんに乳首責めはしてみたいですけどね、イヤなんでしょ」
    「ふふっ、でもされたら興奮しちゃうかも」
    「なら、せめて乳首責めだけでもさせてくれませんか?」
    「それ以外はしない?」
    「約束します!」
    何だかんだと、待ち合わせすることになりました。

     場所なのですが、公園の公衆トイレ。
    多目的スペースは広く作られているし、座れるから最高。
    ひよりさん、とても38歳には見えませんでした。
    とっても魅力たっぷり。
    愛らしさがあり、オッパイは大きめ。
    震える手で、上半身を裸にして、ブラを取りました。
    形の良いオッパイ。
    乳首は勃起していました。
    「たっぷりと、触ってくれていいよ」
    「うん」
    コリコリの乳首を刺激する。
    その感触がエロすぎちゃって、勃起が止まらない状態。
    乳首責めを続けて行くと、表情も変顔して喘ぎ声を出してくれるように。
    さらに、僕の興奮を強めてくれました。
    たっぷり触り、たっぷりしゃぶったところで「フェラしてあげるよ」と、言い僕のズボンとパンツを脱がしました。
    熟女のフェラは究極的な快楽を与えてくれます。
    ガチやばい!
    ガチ気持ち良い!
    ガチ心がふわふわしてきてしまったのです。
    すると彼女、便座に座るように言い、従うと対面座位での挿入を始めてしまうのです。
    セックスダメだって言っていたのに、まさかの挿入。
    相手からやり始めちゃうのだから、本気で驚きと喜びを感じまくりました。
    僕の上にまたいで、夢中になってチンコの出し入れに励みまくっていました。

     別れ際に「今度は、ホテルで乳首責めとかクンニとかしてくれる?」って!!
    瞬間、本気で飛び上がって喜んでしまいました。
    乳首開発
    乳首責め
    関連する記事
    コメント
    コメントする