バイブ

2018.12.02 Sunday

0
    おすすめサイトBEST5
    もしかしたら知らないほうがよかった…なんて事は人生よくあるよね。

    俺にとって、最近こういうことが起きてしまった。
    それは、俺の姉ちゃんの部屋で姉ちゃんの使っている(に決まってるよなぁ?)バイブを見つけてしまってことなんだ。

    いや、俺だって別に変態じゃないから(笑)、黙って姉ちゃんの部屋に入っていろんなもの、例えばパンティーとかね、ブラジャーとか?そういうものを探し出して鼻で匂いを嗅ぎながらオナニーしちゃうとか、そういうことやってるわけじゃないわけよ(笑)。


    そうじゃなくて、姉ちゃんの方から俺のスマホに電話があって、学校に今日提出しないといけないレポートを机の上に忘れてきたから、あんた今すぐそれを持って駅まで届けに来てっていうことだったんだよ。

    そういうわけで、しょうがないから?部屋に入ったわけさ。久しぶりに入ったな。

    小さい頃はこの部屋でずいぶん2人で遊んでもだけど、お姉ちゃんが高校2年ぐらいからは、俺もほとんどこの辺には入っていない。久しぶりに入ったその部屋は、なんだかいい匂いの香水と、あと女の肉体の匂いっていったら変だけど、ほんわかした甘い体臭みたいなものが混じり合って、なんだかちょっと変な気分になりそうだった。

    おっと、そんなこと感じてる場合じゃないということで、そのレポートやらを探したんだけど、そんなものは机の上にも店の上にもどこにもなかった。

    姉ちゃんに再度電話して、こころあたりの場所をいろいろ探してみたんだよね。机の引き出しとかさいろいろ…。

    そうしたらさぁ…見つけちゃったんだ。本と本との間になんだか不自然な袋がはさまってるの。

    その袋を見ていいかどうかっていうのはもちろん電話で話聞かなくて、反射的に中身を開けて見てみてしまったんだ。

    それがバイブだったというわけ。

    レポートは結局は全然別の場所から見つかって届けたよ。ちゃんと大学に提出することができたらしい。姉ちゃんも喜んでくれた。



    それにしても、なんだかあれからあの姉ちゃんの部屋のことが気になってしょうがない。
    またあの部屋に行ってみて、同じ場所に、同じバイブがあるかどうかこっそり見に行きたい衝動を抑えることができなくなってるんだよなぁ… (笑)。


    性奴隷の作り方
    ヤリマン
    関連する記事
    コメント
    コメントする