割り切りの相場

2018.10.19 Friday

0
    おすすめサイトBEST5
    正直、僕はあまり乗り気ではなかった。
    会うことになったのは、本命の滑り止めの滑り止めのそのまた滑り止めの女の子だった。悉く断られたり無視されたりして、ようやくゲットできた女の子だ。
    ぶっちゃけ言えば、とにかくやりたかったのだ。
    まあ、ホ別1.5KでG本番、割り切りの相場に則した金額だし、やらせてくれるだけでもいいか、と、僕はあきらめの気持ちを打ち消して、その女の子と会った。
    現れたのは、何処にセックスアピールを感じればいいのか、考えても結論が出ないような女の子だった。
    昔からの友達みたいに「やっほー」とか言ってくる。
    小奇麗にしているし、悪い印象はないのだけど、滑り止めの滑り止めのそのまた滑り止めだったら、まあこんなもんだな、と僕は不遜に思った。
    そして、ホテルにチェックインして、くつろいでいると、彼女は「お風呂、一緒に入る?」と誘ってきた。
    僕は、さっさとやることをやって退散したかったのだが、女の子の方から誘われると断る理由もない。
    僕と彼女は、一緒にバスタブに身を沈めた。彼女の乳輪は、ちょっと大きめだった。
    お風呂の中で、彼女の乳輪を触ると「にゃん!」と声を上げた。ああ、これが本命の子とだったら、どんなに萌えるシチュエーションなのだろうな、と一向にエレクトしない股間を感じながら思った。
    風呂から上がった後に、僕たちはようやく体を重ねた。
    しかし、緊張していないのに、僕のモノはおとなしいままだった。気持ちも股間も盛り上がらないのだ。
    別に彼女が悪いわけでないのだから、このままじゃ失礼だな、と何とか想像力でバンプアップさせようとしていたら、その様子に気付いた彼女が「フェラする?」と聞いてきた。
    僕がその申し出を受けると、彼女は下に回って僕のモノを含んでくれた。そして、意外にもこれがなかなかにツボをついたテクだった。
    臨戦態勢の整った僕は、ようやっと彼女と合体を果たしたのだった。
    やっぱり気持ちが乗らないときは、セックスするもんじゃないな、と事が終わって、賢者タイムに入っていた僕に向かって、彼女が言ってきた。
    「それじゃ、お風呂プレイが5K、フェラが5K。併せて2.5Kくださいな」
    まさかの後出し請求。残り物には福があると言うのは絶対ウソだ、と思いながら、僕は高い授業料を払ったのだった。
    パトロンとは
    お金がない時はどうする
    関連する記事
    コメント
    コメントする