オナ指示

2017.08.15 Tuesday

0
    オナ友募集サイトランキング
    「課長の事が大好きです。」「気持ちはありがたいけれど、私には妻がいる。」「知っています。でも、気持ちが抑えきれなくて告白だけしようと思いました。勝手なのは分かります。迷惑なのも分かります。これを伝えて私は会社を辞めようと思います。」「田中さん、そんなこと言わないで。私も田中さんのことが好きだ。不倫関係になるのが怖くないか。」「はい。」こうして私は課長と付き合うことになりました。会えるのは会社の時だけ。休みの日は課長に会えない。それでも私は幸せでした。

    ある日、会社の仲間たちと課長の家で飲み会をする事になりました。課長は私を家に呼ぶのは少し複雑だったみたいですが、私は奥様の顔を見たかったのですごく嬉しかった。課長の家は広く、奥様も優しそうな人。でも、私の方がスタイルは良いと変にライバル意識を持ってしまいました。そして、奥様も会社の仲間も酔いつぶれて寝てしまい、私と課長だけが残されました。「今日は楽しかった。お礼に課長のいう事なんでも聞いてあげる。」「なんでも。」「例えば、パンツを脱いでというオナ指示があるなら脱ぎます。」私は本当に脱ぎました。課長は驚いていたけど嫌じゃない様子でした。「他にも、今この部屋に誰もいないから、私のオナ姿を見たいっていうオナ指示があればやりますよ。」「こらこら、私が抑えられなくなるじゃないか。」「オナ指示は嫌ですか。」「いや、ここは私の家で妻も。」「寝てます。」私はそのまま課長にキスをして短い時間で愛し合いました。
    お小遣い稼ぎ
    借金返済
    関連する記事
    コメント
    コメントする