ニンフォマニア

2015.05.30 Saturday

0
    セックスパートナー募集サイトランキング
    「ねぇ、ニンフォマニアって何?」と彼女が聞くので、「お前みたいな女のことだよ」と答えた。
    「え、それってどういう意味?」
    なんか変なピロートークになってしまった。
    別に彼女がニンフォマニアだとは思っていないが、かなりセックスは激しいし、いつも求めてくる。
    自分の体力というか精力がもっとあれば、満足させてやれるんだがと思うが、別に薬を使うことまでは考えていない。
    「もういい、ネットで調べる」と言いながら、彼女はスマホに手を伸ばした。
    「何これ、色情狂? 私、そんなにセックス狂いじゃないよ!」って頭をたたかれた。
    「でも、お前、けっこう激しいじゃん。セックス好きだろ?」と言ったら、恥ずかしそうに「そりゃ、好き……だけどさ」
    「お前がニンフォマニアじゃないって言い張るなら、いいよ。今日もうエッチすんのやめて、出かけようよ」
    俺がベッドから出ようとすると、彼女は掛布団にくるまって、見つめてくる。
    「本当に? それでいいの?」彼女が言うので。「別に構わないよ。俺、色情狂じゃないし」と言って笑った。
    シャワーを浴びて、服を着たら、彼女はまだベッドで布団にくるまっている。
    「本当に?」とまた聞くので、頷いて「いいから、早くシャワー浴びて服着ろよ」と言った。
    「あと一回するのかと思ってたんだけど」と彼女は言った。
    「我慢できないの?」と聞いたら、恥ずかしそうにうなづいた。
    「じゃ、お前、ニンフォマニア決定な。文句言うなよ」
    俺は急いで服を脱いだ。

    人妻との出会い
    アシュレイ・マディソン
    関連する記事
    コメント
    コメントする