舐め犬

2015.04.26 Sunday

0
    舐め犬募集サイトランキング
    田舎の中学から東京の名門女子大の付属高校に入学した私は、やはりカルチャーショックを受けてしまった。
    高校から編入した女の子はよくも悪くも異分子状態で卒業まで全くみんなには溶け込めないのだ。
    そんな名門女子大付属高校の編入生へのいじめもまた名門女子大付属高校らしい独特のものだった。
    彼女たちは、舐め犬と呼ばれるボーイフレンド(?)を一人何人も抱えており、自分の性欲の発散したいときに、気まぐれでその犬達を自宅に呼ぶのだった。一応男たちはすべて高偏差値の大学生で、親には家庭教師の先生として認識されている。
    スケベ大学生たちにとっても、あと数年で名門女子大の女子大生となる女の子と立ちと早いうちから性的な関係を持っておくことは魅力的らしかったのだ。

    いじめというのは他でもない、内部生たちは私のような外部生に対して、それぞれお抱えの舐め犬を選ばせて、私のあそこを舐めさせるのだった。そして、後で私がどんな声を上げて喜んだかというのを文章に書かせて、それをどんどんためていくのだ。クラスに生徒が35人ほどいるので、ざっと計算しただけでも、35人分の私の舐め犬体験文集ができあがるというわけだ。

    文集というのは喩え話ではない。彼女たちはそれを実際に製本して「○○の舐め犬体験記」という題名をつけて回し読みをするのだった。

    舐め犬達の間でもそれは回し読みされ、いい笑い話になっているらしい・・・。

    親の見栄でこんな不自然な編入試験を受けさせられたおかげで、毎年私みたいないじめにあう人間が数人ずついることは、もちろん学校側は何も知らない・・・。

    パパ募集
    愛人募集
    関連する記事
    コメント
    コメントする